採用情報

社員インタビュー

サンプル画像
吉田 隆一
パチンコ事業部 アシスタントマネージャー

これが私の仕事
パチンコ事業部として店舗全体のフォローを心がけています
今はパチンコ事業部のアシスタントマネージャーとしてパチンコ店全店をフォローしています。 今まで店舗で責任者として働いていたときは、スタッフ管理、パチンコ台などの設備の管理、業績の管理、そしてライバル店やお客様動向といった「人・モノ・カネ・情報」の4つの要素をマネジメントしていました。 これら4つの要素は、どの企業でも必要であると同時に、うまく対応できない企業も沢山あります。 私もまだまだ勉強中ではありますが、店舗での経験でこの4つの要素に対して、少しはうまく対応できる基になったと思います。 今後どの業界であっても競争は激しくなると思っています。 過去と同じやり方が通じない時代ですので、新たな発想を身につけるべく、マーケティングや会計、コミュニケーションなど新しいことへの挑戦が楽しいですね。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード
自ら手を挙げる人を大切にし、実力主義の中ステップアップを目指せる!
店舗では、立地条件によってお店づくりの方法が全く変わってきます。 都心部では若いお客様が多く、滞在時間も短め。台のラインナップをアニメ系やアイドル系のものを大くし、リピート率をいかに高めるかが重要になってきます。 一方郊外店では年齢層が高く、長時間滞在するお客様が多いので、時代劇ものを多く導入したり、一日中いても快適で過ごしやすい環境を提供することが重要となります。 状況を的確に把握し、それに合わせたお店づくりとスタッフ育成をする力は、今まで数多くのグランドオープンに携わってきた経験が活きています。 グランドオープンでは0からのお店作りで、通常の業務とは違ったプレッシャーもありました。ただ、何事にも挑戦してみる気概があれば、そこにはステップアップのチャンスがあります。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
ユーザーとして色々なお店を見てきた中で、一番お店の雰囲気が良かった!
大学時代に過ごした街に当社のお店があり、ユーザーとして利用していたこともあったので、お店に対しては非常に良い印象を持っていました。 スタッフの接客姿勢や笑顔に、他店にはない魅力や安心感があったからです。 就職活動を始めた時は、接客業に絞っていました。元々良い印象を持っていたこと、そしてパチンコからボウリング場、ゲームセンターなど、幅広くアミューズメント施設を運営するジョイパックレジャーであれば、転職することなく、いろんな経験を積めると考え、この会社に入社しようと決めました。 また、説明会に飛び入りで副社長も参加していて、学生に「今日はどうだった」「うちで頑張れそう?」と気さくに声をかけている姿が強く印象に残っています。 会社の雰囲気も良く、社員に対する思いも強い。この会社を選んで正解でした。

これまでのキャリア
グランドオープン時のPREGO池袋店配属からスタートし、数々の店舗を勤務。グランドオープンにも多数携わる。2012年2月よりPREGO成田店に配属となり、2015年1月から、パチンコ事業部 アシスタントマネージャーとなる

先輩からの就職活動アドバイス!
接客業や店舗での勤務を希望するのであれば、まずはそのお店に行き、利用してみることが重要です。 会社説明会だけではわからないお店の雰囲気やスタッフの表情を見れば、その会社が自分に会っているかどうか、一緒に頑張りたい仲間かどうかがわかるからです。 目に見えないフィーリングを感じるのは、実際に足を運ぶしかないですからね。 そして、その時に感じたことを、思ったことを面接でぶつければ、きっといい結果が得られると思います。